FC2ブログ

顧客の言葉

猛烈に頭にきたので、書かせてもらいます。

倉田の抱えるプロジェクトが一つ終わりました。

その時に、お客様から言われた言葉です。

「倉田さん、これであなたとは最後になります。この際だからはっきりと言っておきます。
 あなたは知らないうちに他人を傷つけている。
 きっと就職するまで何一つ失敗せずに人生やってこれたからだろうね。
 最初の会社を会社を辞めた時に、そのことに気づいてほしかった。
 今の会社に受かるまでに100社受けたというが、学歴が文句なく高いあなたが、どうして100社も受けなければいけなかったのか、変に思わなかったのかい?きっと面接官は、あなたのそういうところを見抜いていたんだよ。
 そうやって知らず知らずに他人を傷つけて、倉田さんの元を離れていった人は何人もいるんだろうね。
 仕事で成功するには、社内の8割の人と仲良くしなくしゃいけない。そうでもしないと、君はつまんないおやじになるよ?それでいいのかい?
 これが、私からあなたにかける最後の言葉だよ。よく考えてみてね」

こんなことはねぇ、分かっているんですよ。
知らないうちに人を傷つける?そんなことは小学校から言われています。
けど何がどう他人を傷つけるのがわからないから、人との距離を遠目に保って生きてきたんです。

就職する前に気づいてほしかった?気づきましたよ!自分が生まれつき他人の理解が下手で、それを克服することがとんでもなく難しい人間だということを!

僕の元を離れた人間が何人もいる!?そうでしょうね!けど、どうすればよかったというのですか!?
誰が好きで他人を傷つけたりするものか!!

つまらないおやじになる!?アスペルガーにはね、35歳定年説というのがあるんです!僕はつまらないおやじになるどころか、会社に残れるかさえ不安なんですよ!

倉田のことを思っていってくれた言葉なのでしょうが、大きなお世話だといい返したくなるようなことを言われました。
真摯な顔で対応しておきましたが・・・。

ああもう、親切心高知りませんが、問題点だけ指摘をして去っていかないでくれ!
こちらは死ぬほど悩んでいるんだから、指摘するならアドバイスまで一緒にしてほしいものだ!!
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

何故ここに呼ばれたか、わかるか?

先日、会社でどうにも腹が立つことがありました。書かせてください。
どうにも自分が間違ってない気がするのですが、良ければ意見を聞かせてください。

仕事をしている最中に、幹部から呼ばれました。
同僚がプロジェクトの見積をしたので、ちょっと見に来てほしいとのとです。

何故自分が呼ばれるかわからないながらも、幹部の元に向かいました。
そこでのやり取りをお話します。

幹部「何故ここに呼ばれたか、わかるか?」
倉田「このプロジェクトに僕も参加するということでしょうか?」
幹部「違う」
倉田「この見積もりが僕が正しいか確認すれば良いでしょうか?」
幹部「違う」
倉田「・・・わかりません」
幹部「頭かたいなぁ!もっと考えろ!!今から同僚に言うことが、お前にも言える事だから呼んだんだよ!」

そんなんわかるかい!!

なんでしょうね、この気持ちは。
ノーヒントで問題出されて、答えはこれだ、なぜわからないのかと叱られたと解釈しているのですが・・・。

そして何より、もっと考えろとだけ言って、「どうすればその考えに至るか」全く説明がなかったことに腹が立ちます。
そこをアドバイスして、次回は同じことが無いようにすることこそ、部下の指導だと思うのですが・・・。

どうでしょう?

嫁 「あなたって、なんかその幹部にいじられてない?最初の頃はその幹部さん、あなたを指導してくれるかと思ったんだけど・・・。言うばかりでアドバイスはないみたいだし。」

嫁にもこんなこと言われていますし・・・。
正直、仕事の事を相談するなら幹部より嫁の方がよほど役に立ちます。
嫁はからなず「こうすれば良いのでは?」というアドバイスをしてくれますから・・・。

う~ん・・・。--;
あまりこの幹部の事は気にしなくて良いのでしょうか・・・。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

社交的な倉田がいた

ものすごく驚く出来事がありました。

先日、彼女の職場仲間の飲み会に誘われました。
飲み会の人数が足らない。突然で申し訳ないが、彼女の職場で噂になっている彼氏に会ってみたいから、今から来れないかということでした。

自分にとっては一大事でした。
普段職場でもあまりコミュニケーションをとらない倉田です。
ヘタな対応をして、彼女の職場の評価を下げるわけには行きません。
覚悟を決めて、飲み会に望んできました。

結果は、自分でも驚くくらい、愛想のいい人間になれました。

見知らぬ人からの受け答えがきちんとできる。
笑顔で話ができる。
冗談にも付き合える。
笑いが起こせる。

参加者の50代の男性からは、「大人だねぇ」「仕事ということをわかっているねぇ」という高い評価を頂きました。
彼女からも、受け答えがきちんと出来ていたと評価されたから、客観的にも良かったのでしょう。

初対面とのコミュニケーションでは、人生で一番良かったのではと思います。
自分でも信じられませんでした。

彼女が横にいたこと、少し前に彼女の家に遊びに行って両親と話したこと、そして先日コミュニケーションのテクニック(考えながら話す・反復する)・・・。
そういった要素があったからこそ、できたことなのでしょうね。

おそらく、ASと診断された当時ではできなかったと思います。
そう思うと、自分も多少は成長できていることを実感できました。

とにもかくにも、自分でも驚く体験でした。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

倉田が言える立場ではないかな ^^;

先日の話です。

とある方から相談を受けました。
その方、20代半ば、仕事を二つほど経験したが、現在無職です。
倉田の見る限り、アスペルガーの可能性があります。

相談の内容は、詳しくは言いません。
概要を話すと、以下のとおりです。

・とある方からやるように言われた一言が、ものすごく気になってしかたない。どういう意味かわからずに、ずっと考えている。
・本人としては言われたことはやりたくないのだが、断ることは良くないことになるのではないか、と不安に感じている。(倉田が聞く限り、とてもそうは思えませんでした。)
・電話して本人にその意味を聞いてみたらとアドバイスを受けているが、そんなことで電話して良いものなのか、とまた考え込んでいる。

やるように言われたことを、倉田も聞いてみましたが、どうもそんなに大したことではないようです。
倉田個人としてはやれば良いと思うのですが、本人としてはやりたくないそうなのでそこは置いておきます。

というわけで、その方には以下のようにアドバイスしておきました。

・断っても大したことにはならないと思う。やらないならそう言えばいい。
・しかし気になるのなら、本人に聞けば良い。自分でするのがむつかしいなら倉田が代わりにやる。
・そんなに考え込まなくて良い。

まぁ、何といいますか・・・。
倉田が言える立場ではないなぁ・・・と。 ^^;
倉田もよく、「考えすぎ」と言われるのです。本人も自覚があります。
その人にアドバイスしている最中、まるで自分自身に言っているかのような気持ちになっていました。

倉田もたまに「世界が終わったかのような表情」をしていると言われるのですが、その人の表情がまさしくそれでした。
ああ、倉田はこういう表情をすることがあるのか、とも思っていたり・・・。

なんというか、とてもムズ痒く、そして自分自身のことが良くわかった出来事でした。
考えすぎるのは本当なんとかしようと思います。

まぁ、アドバイス自体は変なことはしていないと思います。
普段自分が言われていることですし・・・。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

設計はしない方が良い

先の日記で書いたことを、彼女に話しました。
結果、反対されました。


倉田君は、設計はやらないほうが良いと思うよ。
システム設計って、お客さんの言う通りのソフトウェアを作成しなくちゃいけないでしょ?
倉田くん、そういうの苦手でしょ?
それに過去、プログラミングで辛い目にあっているし・・・。また同じことになったら嫌だよ。
それよりは、今の倉田君にできること、考えたほうがほうが良いんじゃないかな?
例えば、会社の事業システムとか考えたほうが良いんじゃない?


むぅ・・・。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

プロフィール

K.Katsuhiko

Author:K.Katsuhiko
倉田克彦(H.N.)。アスペルガー症候群(精神障害者手帳2級)。バツイチ。
物心つく前から変わり者と言われ、他人と変わった行動をとり、コミュニケーションが上手く取れないことに悩み続ける。
学生時代はなんとか生活できたが、IT会社に就職後、上司からの指示を正しく理解できないため仕事ができず、毎日上司に怒鳴られつづける日々を過ごす。
最終的には欝になり、上司から「君のことは見捨てるからあっちに行ってなさい」という言葉が発端となり、自殺未遂に至る。
自殺未遂の一ヵ月後、26歳にてアスペルガー症候群との診断を受ける。
2年後、税理士事務所に転職するも、「コミュニケーションに不安が残る」との理由で試用期間終了とともに解雇される。
その後IT業界に復帰するも、鬱を再発。手首に包丁を当てる。
妻には愛想つかされ離婚する。
現在、リハビリしながら社会復帰中。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー