FC2ブログ

海辺のカフカ

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
(2005/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る


海辺のカフカ (下) (新潮文庫)海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
(2005/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る


知り合いに薦められて読んでみました。
文学作品というのはずいぶん久しぶりに読んだのですが、面白かったです。

ただ、感想を聞かれると非常に困るのですが。 >< すみません日本語が下手で。
例えるなら、「特に食べる気も無かった食べ物を薦められて食べてみたら、美味しかった」という感じでしょうか。・・・うーん。分かりづらい。 --; (こう言ったところ、知り合いのマイミクから「いきなり村上春樹だと食当たり起こす可能性があった」と指摘されました。上手い表現です。)

文学作品に興味のある方は読んでみても良いと思います。好き嫌いは分かれると思いますが。

これからはこういう本も読んでみようと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 文学・小説 - ジャンル : 小説・文学

もしもハリウッド監督が会議を仕切ったら?

もしもハリウッド監督が会議を仕切ったら?もしもハリウッド監督が会議を仕切ったら?
(2008/06/20)
パトリック・レンシオーニ

商品詳細を見る


危機にある会社が、賢人のもたらした知恵によって劇的な復活を遂げる。
「ザ・ゴール」のような小説形式のビジネス書です。

「ザ・ゴール」もそうですけど、こういう知恵で大逆転、という物語って僕のツボなのかなぁ・・・?Amazonでの評価はそれほど芳しくないですけど、久しぶりに風呂の中で読むほどはまった本でした。

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
(2001/05/18)
エリヤフ ゴールドラット

商品詳細を見る

テーマ : こいつは使えるぞ - ジャンル : ビジネス

ワーキングプア

ワーキングプア―日本を蝕む病ワーキングプア―日本を蝕む病
(2007/06)
NHKスペシャル「ワーキングプア」取材班

商品詳細を見る


友人に紹介された本を読みました。

「ワーキングプア」

現代日本では、生活保護も受けられず薄給で長時間働く人たちがいます。
彼らはなまけてはいない。働きたくても働く場所が無いのです。
若者、リストラ対象者、年金をもらえない高齢者、病気の肉親の介護をしなくてはいけない人、離婚して子供を抱える母、景気が沈んでいる地方の住人、世界経済の波に飲まれる中小企業・・・。様々な事情を抱える人たちにインタビューを行い、現代社会で生まれた新たな貧困の姿を説明しています。
必死に働いているのに生活は改善されない。こんな世の中で良いのだろうか?
そして、この貧困は子供に受け継がれていく・・・。

そんな内容です。

なんかもう、すっごい考えさせられました。読んでみて損の無い本だと思います。

けど・・・。僕らは一体どうすれば良いのでしょうね?
こういう存在が生まれる最大の原因は経済停滞とのことですけど、あまりに大きすぎて僕ら個人でどうこうできる問題ではないと思います。
なら、自分達個人でできることは何か・・・。
結局は、「自分を磨け」ってことなのかなぁ・・・。突然の不幸、時代の波、それらに影響されてどんな酷い環境になったとしても、這い上がれる能力を持つ。・・・そんなんになれるか分からないけど。
以前お会いした人事さんが、「これからは高度経済成長のように、言われた仕事をしているだけの人間ではいけない。自分で考え自分で行動するようにならないといけないんだ」と言っていたけど、それはこういう時代背景を考えての言葉だったのだろうか・・・。

何か凄く難しい問題の気がする・・・。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

K.Katsuhiko

Author:K.Katsuhiko
倉田克彦(H.N.)。アスペルガー症候群(精神障害者手帳2級)。バツイチ。
物心つく前から変わり者と言われ、他人と変わった行動をとり、コミュニケーションが上手く取れないことに悩み続ける。
学生時代はなんとか生活できたが、IT会社に就職後、上司からの指示を正しく理解できないため仕事ができず、毎日上司に怒鳴られつづける日々を過ごす。
最終的には欝になり、上司から「君のことは見捨てるからあっちに行ってなさい」という言葉が発端となり、自殺未遂に至る。
自殺未遂の一ヵ月後、26歳にてアスペルガー症候群との診断を受ける。
2年後、税理士事務所に転職するも、「コミュニケーションに不安が残る」との理由で試用期間終了とともに解雇される。
その後IT業界に復帰するも、鬱を再発。手首に包丁を当てる。
妻には愛想つかされ離婚する。
現在、リハビリしながら社会復帰中。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー