FC2ブログ

毎日の自己採点、はじめました

先の日記の続きです。

今日から、毎日の自分がどれほどだったのか、自己採点をつけることにしました。

医師の方からは、
「自分で自分を褒めるために、毎日良かったことをノートに書け」
と言われたのですが、数カ月前に既に実施していたんですよね。

しかも、やっているうちに、「けっきょくこれはこじつけに過ぎない」という思いが強くなり、最近はほぼ書くことをさぼっていました。

なのでどうすれば良いかと医師と相談した結果、毎日の自分を採点することにしました。
これならば、無理に良いことをこじつけることはなく自分を評価できます。
また、駄目な日であっても、40点などと採点して、「0か100」かというアスペルガー特有の思考に陥らず、「多少(40点分)は良いこともあったんだな」と思える気がします。

というわけで、しばらくこの自己採点を続けてみます。
結果は又報告します。
スポンサーサイト



テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

二次障害としての鬱を防ぐ方法

メンタルクリニックに行ってきました。

緊急通院のため、主治医ではなく、別の医師に話を聞いてもらうだけでしたが、まぁそれなりに気分が晴れたので良しとします。

医師に現在服用している抗不安薬より強い薬を出して欲しいと言いましたが、
「そんなのあるなら最初から出しています」
と断られました。 残念です。

そんな中でも、医師の話から得られたものはありましたので、ここに書いておきます。

結局、発達障害は治すことはできない。
だから二次障害としての鬱を発生させない努力をするべきである。
そのためには、過度に自分を責めることはしないこと。
特に日本の会社では、欧米と異なり部下を褒めるということはないので、自分で自分を褒めていくしか無い。
褒める理由は、こじつけでも何でも良い。

とのことでした。

要はまぁ、自分を騙して行けということでしょうか?
それしかないというのであれば、やっていくしかないですね。

はぁ、毎日自分に丸をつけてやっていける職場はないものか。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

エビリファイ、服用始めました

主治医のところに行ってきました。

先日心臓が痛くなって動けなくなったことを伝えると、新たにエビリファイという薬を勧められました。
統合失調症用の薬のようです。
今後はストラテラと一緒に、毎日その薬も服用します。

薬漬けの生活送ってますねぇ・・・。これで少しは仕事の状況が改善できると良いのですが。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

イライラが治まる。これがストラテラの効果なのか?

三連休の最終日。
朝からイライラしていました。

物に当たりたくなる衝動をこらえるのが大変でした。
妻に話しかけられると、思わず怒鳴りたくなるのをぐっとこらえて、なんとか穏やかに対応することの繰り返し。

原因は、ここ数日、一人の時間を持てなかったことだろう・・・と思っていたのですが、今日はストラテラを服用していなかったことに気付きました。
服用してみると、1時間ほどでイライラが収まり、こうして日記もかけるようになりました。
これこそがストラテラの効果なのでしょうか?
普段、効果があるのか疑問に思いながら服用していたので、効果らしきものを実感して驚いています。

次回は上手くやれるから

仕事納めです。
2月に転職してから、ほぼ一年経ちました。
もう一年経ったかという気持ちもしますし、まだ一年しか経っていないのかという気持ちもします。
そう思うのは、今の仕事がとても濃厚だからなのでしょうね。

仕事の方は、相変わらずです。 ーー;
どうにも指示された内容を正しく認識できず、無駄な作業をしています。
今月だけでも、書類一枚に何度差し戻しを受けたことか・・・。 ーー;
これは今までの会社と比べても大して変わりません。

それでも、転職して一つ変わったことがあります。

「今はダメでも、そのうち慣れるから大丈夫だよ」
「まぁ、次回は上手くできるでしょう」
「成長する姿を見せてくれれば、今はそれでいいから」

今回は失敗したかもしれないが、次は大丈夫。そのうちできるようになるから。
そんな旨の言葉を、上司や上司の上司、さらにそのまた上司からもかけていただけます。

今までの会社では、「なんでできないんだ!」と言われ続けて、非常につらい思いをしてましたが、この会社は違います。

大丈夫。次は上手くやれる。

この言葉の何とありがたいことか!
来月35歳になる人間に向かって、こんな温かい言葉をかけてくれるとは、嬉しい限りです。
色々うまく行かないことはありますが、また次回頑張ろうという気持ちになります。
上司も色々ストレスも溜まっているでしょうに、根気よく教えてくださいます。その姿には本当に頭が下がります。

というわけで、新会社の倉田の一年は、仕事は相変わらずですが、ありがたい環境にいることを実感したものになりました。
上司の皆様のおっしゃる通り、来年はもう少し上手くやれるようになった姿を見せることができればと思います。

さて、年末をゆっくり過ごして、来年の仕事に備えますか。

今日出来たこと:作成していた書類がついに上司の承認を通る。企画が上司の承認を通る

テーマ : お仕事日記 - ジャンル : ビジネス

プロフィール

K.Katsuhiko

Author:K.Katsuhiko
倉田克彦(H.N.)。アスペルガー症候群(精神障害者手帳2級)。バツイチ。
物心つく前から変わり者と言われ、他人と変わった行動をとり、コミュニケーションが上手く取れないことに悩み続ける。
学生時代はなんとか生活できたが、IT会社に就職後、上司からの指示を正しく理解できないため仕事ができず、毎日上司に怒鳴られつづける日々を過ごす。
最終的には欝になり、上司から「君のことは見捨てるからあっちに行ってなさい」という言葉が発端となり、自殺未遂に至る。
自殺未遂の一ヵ月後、26歳にてアスペルガー症候群との診断を受ける。
2年後、税理士事務所に転職するも、「コミュニケーションに不安が残る」との理由で試用期間終了とともに解雇される。
その後IT業界に復帰するも、鬱を再発。手首に包丁を当てる。
妻には愛想つかされ離婚する。
現在、リハビリしながら社会復帰中。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー