FC2ブログ

元・主治医と話す 妻が別れた理由を察する

本日、昔お世話になった主治医にお会いしてきました。
二年ぶりにお会いして、その間にあったことを話してきました。
海外転勤、クラッシャー上司の下での勤務、鬱の再発、手首に包丁、そして離婚。
この二年間、色々なことがありすぎたね、と同情していただけたので、少しだけ心が安らぎました。
これだけでも、お話してよかったと思います。

そして、妻が別れた理由についても、主治医からコメントをいただきました。
妻はきっと、安らぎの場をあなたにもとめていたのではないか、ということです。
言われてみれば思い当たることはあります。
倉田は2年前の時点で精神的におかしくなっていましたが、そんな人間が家にいたんじゃ、妻は安らぐどころか逆にストレスに感じてしまっていたのでしょう。
過去に元妻も「あなたは毎日元気に帰ってきなさい。お金は私が稼ぐ」なんて言っていたころもありましたし・・・。
夫婦仲が円満にいくヒントはずっと聞かされていたのに、気づかずにスルーしていましたね。

仕事を頑張って妻に良いカッコを見せたいという気持ちが強いあまり、無理をして仕事をして精神を病み、結果倉田は大切なものを失いました。

まぁ、気づいてももう遅いのですが・・・。
くだらぬプライドにこだわった結果です。
失ったものはもう取り返せませんね。
スポンサーサイト

近況報告

ご無沙汰しています。
前回の更新から半年ですか。月日が立つのは早いものですね。

精神的には多少落ち着きましたが、ふとしたことで死にたくなります。
自分でも驚くのですが、気圧の低い時などは本当に危ないです。
今週も台風が近づいているせいか、楽に死ぬ方法を検索していました。
ご無沙汰しています。
前回の更新から半年ですか。月日が立つのは早いものですね。

精神的には多少落ち着きましたが、ふとしたことで死にたくなります。
自分でも驚くのですが、気圧の低い時などは本当に危ないです。
今週も台風が近づいているせいか、楽に死ぬ方法を検索していました。

この先の人生を考えると、絶望を感じざるを得ません。
生きていれば良いことがあるなんていいますが、この先いつどれくらいあるかわからない良いことを期待して生きるより、自分を責めて過ごす毎日を過ごしていくのであれば、いっそのこと人生を終わらせてしまったほうが良いのではないか、と考えてしまいます。

来年の今頃、私は生きているのでしょうかね・・・。

障害者の等級が2級になりました。

障害者手帳の更新をしたところ、等級が3級から2級に上がりました。

精神障害者の2級といえば、
「日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの」
ですが、まぁ、現状を考えればそうかな、という感じがします。

だから何だという感じではありますが・・・。
これから私はどんどん症状が悪化していくのでしょうかね・・・。

薬を飲んでほぼ一日、家にいる

離婚のショックで、何をするきにもなりません。

ただ家にいるだけでも、胸が張り裂けそうな悲しみに襲われます。

今日はほぼ一日、抗鬱剤を服用して寝ていました。

やはり、復帰には時間がかかりそうです。

部屋にいては死ねそうな場所を探し、電車を見れば飛び込みたいと思う

タイトルの通りです。

部屋にいると、気がつけば首が釣れそうな場所を探している。
街に出て駅のホームに行けば、電車が来るのを見て、飛び込めば楽に慣れるのではないかとふと思う。

現在、そんな精神状態です。

さぁ、心が回復するのが先か、死ぬのが先か。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

プロフィール

K.Katsuhiko

Author:K.Katsuhiko
倉田克彦(H.N.)。アスペルガー症候群(精神障害者手帳2級)。バツイチ。
物心つく前から変わり者と言われ、他人と変わった行動をとり、コミュニケーションが上手く取れないことに悩み続ける。
学生時代はなんとか生活できたが、IT会社に就職後、上司からの指示を正しく理解できないため仕事ができず、毎日上司に怒鳴られつづける日々を過ごす。
最終的には欝になり、上司から「君のことは見捨てるからあっちに行ってなさい」という言葉が発端となり、自殺未遂に至る。
自殺未遂の一ヵ月後、26歳にてアスペルガー症候群との診断を受ける。
2年後、税理士事務所に転職するも、「コミュニケーションに不安が残る」との理由で試用期間終了とともに解雇される。
その後IT業界に復帰するも、鬱を再発。手首に包丁を当てる。
妻には愛想つかされ離婚する。
現在、リハビリしながら社会復帰中。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー